今日の一枚 part

My style,My life 〜心に響く写真を、心に残る何かを。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク

「私の男」読了





「私の男」
小説を読了し、映画を観了した。
 
小説では、現在から過去へ
映画では、現在から未来へと話が進む。
 
小説では、進むごとに次々と新しい事実がわかり、二人の理解を深めていくというものだけれど、
映画では、進むごとに二人の関係性や心の移り変わり、そして花の成長を感じる。
 
淳悟が花を振り回したのか
花が淳悟を振り回したのか
それは結局のところわからない。
 
小説では、淳悟がその切欠を作り、子供だった花はそれに洗脳されたように描かれているが
映画では、花が淳悟の欠損部分に気付き、それを埋めるために自らを差し出し骨抜きにしたように感じる。
 
淳悟は母に愛された記憶がなく、花は父に愛された記憶がない。
それぞれ家族観に対して欠損したものを持った者同士が出会い、
そのぽっかりした穴を埋めるようにお互いを必要とし、
愛情の確認や表現方法が、【交わる】ということだった。それだけ。
 
小説は生々しい描写が多いけれど、
映像は、雪の大地や二階堂ふみの演技力のためか、非常に美しかった。
 
映画の結末では、花は妖艶な大人の女性になり、淳悟はボロボロの生きる屍になった。
見つめ合うふたり。その時に一瞬リピートされる、若き日のふたり。
無垢な花はまっすぐ淳悟を信頼し、淳悟は花を大切に大切に思っていた頃の。
それは、とてもキラキラして輝いていた、日々の記憶。
 
このキラキラとした日々は、実の親子であるという真実と、
それを隠すための殺人という後ろめたい行動によって、形を変え損なわれていった。
 
もしも二人が、16という年齢差があったにせよ、
赤の他人であり、普通に出会い、普通に恋愛した二人だったなら、
このキラキラした日々をずっと維持することができただろう。
 
禁断の愛、なんて、私にはわからないし共感することもできない。
けれどわかることがただひとつあった。
それは、相手を想う気持ちだ。
 
淳悟にとてもとても大切にされることの嬉しさと温かさとくすぐったさ
淳悟をまっすぐ心から信頼し、大好きで大好きでたまらないという気持ち。
 
それが、私には、わかる。
まさに、旦那に抱いている気持ちがそれだからだ。
 
彼の隣は温かくて安心できる場所で、大好きで好きで好きでたまらなくて
ずっと一緒にいることを疑わなくて、くっついてたくて、
1mmもこの人が自分から離れていくなんてこと想像できなくて。
 
そういう存在の人と、みんなから祝福される形で結婚し
何も後ろめたいものもなく同じ時間を紡いでいけること。
そのことを幸せに思った。
 
photo by mamiya2
<< 2012年を振り返って | main |

スポンサーサイト

photo by スポンサードリンク









blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Links

このページの先頭へ

無料アクセス解析