今日の一枚 part

My style,My life 〜心に響く写真を、心に残る何かを。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク

ピンクの指輪に、サヨナラアリガトウ。

20070901_ring2


友人がプレゼントしてくれた指輪が、今日、割れた。

「ミキの占いを見たら、ピンクの指輪をするといいことがあるんだって。」

そう言って彼女は、そのガラス製のピンクの指輪を私に差し出した。
ピンク色の笑顔で。

あれは何年前のことだったろう。


最近、その指輪を毎日つけるのが習慣になっていた。
だからいつだって私の手には、二つの指輪が寄り添っていた。
左手小指にはピンキーリングと、右手人差し指にピンクの指輪。

そのいずれも人からのもらい物で、
そのいずれも私の事を想っていてくれる人だった。

不思議とそれをつけていると、
嫌なことが遠のいていく気がしていた。

全くもって思い込みなんだろうなと頭では解っていながらも、
出掛けに携帯をカバンにいれるのと同時に、その二つの指輪をつけていた。


そのひとつが、今日、割れた。

駅の改札を出ようとした
ふとした拍子に、するりと私の指を抜け落ち、
透明度の高い音を響かせながら私の足元を転がった。

私の幸せのジンクスだったはずのそれは、
キレイにまっぷたつに身を分けていた。

前日、とても悲しいことがあり、
手放す事への未練を断ち切れずに、
電車の中で欝々と考えていた矢先の出来事だった。

私はそれをそのまま捨てられず、
ポケットの中にいれ、そっと海辺で取り出し、被写体にした。

割れてしまえば、手放さざるを得ない。
最後にできるのは、こうやって思い出の一枚を残すくらいだ。

もうそれは期待していた機能を果たせず、私を幸せへと導いてはくれない。
壊れてしまったものをそれでもまだ手元へ置いておきたくなるのは、ただの感傷だろうか。

そうやって壊れたものを私の中に積み上げていったら、
きっと、新しい取り入れるべきものを吸収できずに、過去へと埋没していくだけなのだろう。


ありがとう。
と、心の中でつぶやいた。

今まで私に寄り添い、
気持ちの支えでいてくれたことに、ありがとうと言った。



photo by mamiya2
<< ありがとう。 | main | 10/13(土) 写真展開催します!@外苑前 >>

スポンサーサイト

photo by スポンサードリンク









blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Links

このページの先頭へ

無料アクセス解析