今日の一枚 part

My style,My life 〜心に響く写真を、心に残る何かを。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク

待つオトナ

20060712_sea

小さな少女は、波打ち際に砂の城を創った。
明日はもっと高く、そして花飾りもつけようと考えた。
でも潮は満ち、容赦なく城を流し去った。
そして彼女はオトナになった。

小さな少年は、雪を集めて秘密の基地を創った。
翌年に備えて、布団やお菓子やゲームを持ち込んだ。
けれど季節は巡り、太陽はそこを簡単に更地にした。
そして彼はオトナになった。

行き場のない彼と彼女は、
今も波打ち際に、そして降りしきる雪の中にいる。
そして言うんだ。「そんなところに何かを築くのは馬鹿らしい」と。

だから二人はただそこに立ち尽くしている。
ただただ立ち尽くしている。
船が来るまで。そして春が来るまで。

そんな風にオトナになり、虚しさの代わりに無感動を手に入れた。
そしてただただ待っている。
船が来るまで。そして春が来るまで。
自分の居場所が見つかるまで。
            
photo by mamiya2
<< 停滞の中の境地 | main | 天空への境地 >>

スポンサーサイト

photo by スポンサードリンク









http://mamiya2.jugem.jp/trackback/301

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Links

このページの先頭へ

無料アクセス解析