今日の一枚 part

My style,My life 〜心に響く写真を、心に残る何かを。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク

自由というもの






夜風が気持ちいい。
このまま遠くに行きたいなぁ…。

お金はある。
携帯電話もある。
どこかへ辿り着くために判断できる頭もある。
日本のどこに何があるかの知識だってある。

だからすぐそこの電車やバスに飛び乗って行ってしまう事だってできるのに、実際の私はそれをしない事がわかっている。

なぜなら、明日も会社に行かなければならないからだ。

そんな無責任な事はできない、ともう一人の自分が残念そうに言う。
いつも彼女は残念そうで、どこか悲しげだ。

かつての私は、もっと自由だった。
もっと若い頃、行きたいと思った時に行動に移せる自由があった。

けれどそんな自由があった頃にはしなくて、なくなった頃に行きたくなる。
つまり自由な時間はあったけれど実際には自由に生きてはいなかったのだ。
ただ言えるのは、あの頃はいつだってすぐ自由になれる切符を手にしていたってこと。


って思ったけど、
本当のところは今だって自由なんだろうな。
いつか振り返ったときにそうわかる時がくるんだろう。

今は会社に縛られてると思うように、
あの頃は学校に縛られてると思ったり、
さらに幼い頃であればそれが親だったりしただけで、
これからもその存在は形を変え私とともにあり続けるんだろう。
それが生活になったり、子供になったり、そしてまた親になったりするだけで。

だけど後になって振り返ると、それは今よりも自由だったと感じる。
つまり結局縛ってるのは環境じゃなくて、自分なんだ。
自分の中の恐怖だったり、責任感だったり、義務感だったり、あるいは単に気力だったり。

そしていつか、自分の体の自由がきかなくなる時がきたときに、それらさえもとんでもなく自由だったと感じるんだろう。

いつだって自由に生きる切符を持っている、わたしたちは。
photo by mamiya2

違うようで同じ色




自由になるために辞めたら、
今度はその自由に縛られるのだろうか。

死んだような生き方をしたくないからと辞めたら、
所在ない自分に生きた証がないような気がするのだろうか。

飛び込んで見ないとわからないことがたくさんある。
想像して怖がっていたら、結局何も変わらない。
もし同じ結論だったとしても、それはそれでいいと思える勇気、、、じゃない。
そもそもそんなこと考えてしまうこと自体が違っていて、自分を信じればそんな恐れなんかは生まれないんだろう、と思い直す。

さて、起きるか!
photo by mamiya2

言葉にする想い、できない想い。

JUGEMテーマ:写真
20061123_mizuotiba


時には、言葉にしちゃいけない想いもある。

誰も幸せにならない言葉だ。
  

口を噤んで、彩りを称えよう。




photo by mamiya2

かもしれないの試練

JUGEMテーマ:写真
 
20070212_hito2


敵意を持たれているかもしれないと思うと、

心理的に辛いし、防衛本能でこちらからも敵意を向けてしまったりして、いつの間にやら大惨事になっているけれど、

そう考えなければ何事も起こらない。

 

その人のホントウは聞かないとわからないのだから

態度や空気で感じた敵意は気のせいかもしれない、という可能性。

 

逆にあなたの態度や空気によって意図しないところで誤解をされて

余計な敵意を持たれているかもしれない、という可能性。

 

「かもしれない」は、あなたを試す試練。

 

ボードスポーツで、視線の方向に体が進んでいくように、

気にして相手を見てればぶつかるし、

気にせず見なければぶつかり合うこともない。

何も気にせず笑ってれば、だいたいの問題は起こらないで済む。

問題を生む出しているのは自分の思考だ。

自分の試練は自分で招いていることかもしれない。





photo by mamiya2

美しく開くダリアの花

 
20100611_daria



心を開いているときほど、世界は美しい。


という言葉にあるように、

心を閉じているときには、何を見たって世界は薄汚れて見えるだけなんだろう。


だから、そんな状態になっている人に、

何を語りかけたって、

何を真剣に伝えようとしたって、きっと、届かない。

それどころか、きっとそんな言葉さえ何か裏があるんだろうと勘繰られて、

結果的に、こっちが傷つくことになるんだろう。



真実を、失う。

本当に大事なものや、本当に想ってくれる人や、

いらないものといるものの本当が見えなくなって、

そして、全てを失う。

けれど、それはきっとその人に必要な試練なのかもしれない。



疑いのフィルターを通してみる世界は、

全てが欺瞞的でどんよりとして見えるだろう。


小さなことにとらわれないで、

心を開いていよう。

きっと、世界は美しいから。




photo by mamiya2
続きを読む >>

瞼を閉じて。


20090412_sakura


先のことなんてどうなるかなんてわからなくて、
放っておけばリスクがあるかもしれないとは感じていても、
楽観的予測をどこかでしているどこかの自分が、
とりあえず問題を先送りにしようと、
瞼を閉じさせるのです。

後悔しない人生を送る。

それができるのは、
チラついた問題を見て見ぬふりをせずに、
きちんと向き合ってきたからできること。

もしくは、
開き直っているか、
のどちらかです。

できれば前者でありたいけれど、
不透明な未来を判断できるほど、
思い切りもよくなくて、情報も足りなくて、
その為の、強さがない。そもそも。

ドライに生きるか、
ウェットに生きるか、
その方針さえ、定まらない。

ドライに生きるなら、とことん自己中心で、
ウェットに生きるなら、とことん自己犠牲で、
そうやって決めないと、迷うのです。
その為の、強さがないから。

やはり、自分を持っている人は強い。
迷いがない分、強い。

けれど、迷いがある人も、魅力的だ。


瞼を開けたら、そこに見えるのは、
何色の世界だろう。 

photo by mamiya2

次の季節をかんじるとき

 20100220_gallery


風が温かくなってきて、

たとえ強い風が吹いていたとしても、

まるで毛布に包まれてるような気持ちになる。

ぬくい、ぬくい。

いつも思う。

次の季節を感じさせる風は、

どうしてこんなに愛しいのだろう。







さて、写真展「白昼夢」引き続き開催しています。

オープニングパーティーには50名ほどの方にお越しいただきました。

21時までだったのですが、そのあとも閉店まで飲み続けちゃうほど盛り上がりました。

楽しんでいただけたなら、とてもうれしいです。

http://mamiya2.jugem.jp/?eid=599

LUBERO
目黒駅徒歩5分



JUGEMテーマ:写真
photo by mamiya2

ピンク色のカーテンの世界で思うこと

 
20091223_curtain 



つまりは、

その遺伝子を愛せるかどうかって事なんだろう。






JUGEMテーマ:写真
photo by mamiya2

キャベツか花かそんなようなもの

 
20091129_hana 





馬鹿でいいから、気高く生きよう。










JUGEMテーマ:写真
photo by mamiya2

花と風と。

 20091129_flower3



踏ん張らなくても逆らわなくてもいい。

風に吹かれるままに、

そよそよそよそよ。







photo by mamiya2

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Links
1 / 11 >>

このページの先頭へ

無料アクセス解析